本文へ移動

線材部

工場設備の充実化と最新設備の投入で幅広い線材製品を提供

 線材加工の用途は時代と共に広がり、多様化する一方です。例えば、土木・建築用に用いるコンクリート製品に使用される補助筋をはじめ、フェンス・安全柵・各種運搬収納かご用メッシュなどあらゆる分野で活用されています。
 ワイヤーメッシュ加工では、2.0mmの細物線材から19mm異形棒鋼の製品化を実現し、常に最適な品質精度と供給能力でお客様のニーズに応えています。
 そして、さらに高度でフレキシブルな技術が要求されるフェンスなども最新の設備の投入により、高品質でスピーディな対応が可能です。
 

ディスプレイ関連など、高品質素材の加工は総合技術力で対応

 線材加工は、単に幅広い分野で活用されるだけでなく、高精度で仕上がりの良さが求められます。その中で、ステンレス線等の高品質の素材を生かすことで、機能性やデザイン性が要求されるディスプレイ分野などにおいても、加工技術の総合力を駆使して対応し高い評価をいただいております。
 私どもは今後、創造性がますます必要とされる新たな線材加工分野にも実績と総合技術力により果敢にチャレンジしていく考えです。

導入事例


 JIS G 3551
溶接金網及び鉄筋格子 認証工場
  認証番号  TC 04 07 020
溶接金網
鉄筋格子
線の形状
丸鉄線
異形棒鋼
線形
2.6mm~6.0mm
D6mm~D16mm
製品寸法(最大)
幅2500mm×長さ4000mm
幅2500mm×長さ6000mm
網目寸法(最小)
幅25mm×長さ25mm
幅75mm×長さ35mm

スライドショー

TOPへ戻る